弊社のいくつかのソリューションのなかで、ここでは分散システムをご紹介します。

分散ネットワーク・ソリューション

ローカル側(店舗、カメラの設置場所など)では、顔検知、性別・年齢推定処理後、人物バイオメトリック・テンプレート(AFID/モデル化情報)が抽出され、メインサーバーに送信されて、データベースと照合されます。

従来システムでは、すべてのカメラ・フレームはサーバーに送信される、サーバー依存システムです。

集中管理システムでは、顔画像のみがサーバーに送られるので、ネットワーク負荷が低減され、処理速度が速く、且つ、ネットワーク帯域を低減できます。

セミ-集中ソリューションでは、顔検知、afid生成までがローカル側で行われ、afidのみがネットワークに送信され、顔認証が行われます。

分散型アーキテクチャでは、すべてがローカル側で行われますが、VPN接続されたセントラル・サーバーが全体プロセスを監視しています。ローカルPCに不具合が発生した場合、セントラル・サーバーはデータ同期し、すべてのローカルPCに通知するので、自動回復システムが構築できます。

アークテクチャ:

分散システムのネットワーク構成図

分散式顔認識のメリット:

  1. ネットワーク非依存オペレーション
  2. 非常に低いネットワーク負荷
  3. 低ハードウェアコスト
  4. 誤動作、不具合によるデータロスがない
  5. ローカルな場所の変更が容易
  6. 保守不要システム

入力 vs. 出力情報

入力情報 ライブカメラ画像
出力情報
  • 性別情報
  • 年齢情報
  • 喜びレベル情報
  • 顔認証

アラーム(音声、Eメール、解錠・施錠)