医療機関向け顔認証システム

顔認証は、その他のバイオメトリックス・ソリューションに比較し多くのメリットがあります。顔認証は非接触なので、最も有効なのは衛生、感染症対策が絶対であるケースです

医療機関でのアプリケーション

1患者管理
通常、医療機関は患者に受診IDカードを発行し、受診する際には受付で提示することが必要です。 しかし、受診カードには2つの重大な欠陥があります。
1. 患者が受診カードを忘れたり失くしたりするケース
2. カードの磁気ストライプが読めなくなったり誤読するケース
患者データとして顔画像も保存しておくことで、顔認証は受診カードを不要にします。
2医師の非接触・顔ログイン
医師は、手を清潔にしておく必要がある一方で、電子カルテ操作・確認などのためにPCを頻繁に使用しなければなりません。
顔認証を使用するログイン機能により、医師やスタッフはPCキーボードに接触する必要がありません
3ドア解錠制御(入退管理)
手術室、医師控室、分析・検査室、立入制限エリア、ICUなどは、厳密に入場が管理されているエリアです。これらのエリアは、ICカード、キー、指紋認証などで防御されています
4脳性まひ、ダウン症候群患者の認識
口頭で意思疎通が得意ではないものの本人特定が絶対に必要な患者もいます。
それらの患者には顔認証が有効です。カメラ方向を向くだけで、容易にシンプルに患者確認ができます