border

国境、港湾セキュリティ

顔認証システムは、取得・撮影した顔画像を、データベースに登録されている容疑者などと照合する目的のために世界中で使用されています。

人の国境における入国管理の目的で、バイオメトリックシステムが多く導入されています。これは、国家レベルデータベースの配置・展開、管理官の入退管理、入出国管理技術、ePassportも含みます

 

ソリューション: 国境検問所

世界中の国境では、常に重大な課題とセキュリティ問題が存在しています。

それらの問題とは

  1. 様々な事情で、パスポートなどの身分証明書を所持していない通行人がいる。増え続けている多くの難民はIDをもたず、安全を求めて国境を越えようとしている。
  2. 本来の身分を隠し、偽造IDカードで入国しようとする者も多い。

 

顔認証は、上記2つの課題への唯一のソリューションです。

 

IDカー非所持者の身分照合

  1. モバイルデバイス上のアヨニックス・フェイスマッチャーで当該者の顔写真を撮影する
  2. FBI, CIA, Interpolなどのデータベースと照合する
  3. 自動にてその他データベースで人物照合する

 

侵入者のオンライン認証

アヨニックス・フェイスマッチャーとは異なり、アヨニックスAPSは管理されていない環境下で顔認証を行います。IPカメラからの映像で侵入者の顔認証を行います。IPカメラの解像度は非常に重要で、侵入者の顔を充分なピクセル数で撮影できることが必要です。

デイナイトカメラを使用することで昼夜を問わず監視できます。データベース登録者とマッチングした場合には、即座にアラームを発信します。

 

APSの特長

  • APSは、陸上、海上、空からの国境侵入者を照合します
  • APSは、認証速度が速いので、出入国手続きが迅速に進行します
  • APSは、セルフサービス国境管理システムに比較し、より迅速で安全な処理を提供します
  • APSは、国境検問所における通行人照合を行い、特定人物の入国を拒否することができます
  • APSは、立入り禁止エリアへの不法な侵入を防ぎます
  • APSは、検問所管理官の入退管理を行います
  • APSは、監視業務負荷を低減します