Z

デジタルサイネージソリューション

ショッピングモール/スーパーマーケット:

指紋・瞳孔認証と異なり、顔は、本人に意識されることなく、遠隔で、充分な精度をもって認証することができます。

これはセキュリティやマーケティング用途において様々なメリットをもたらします。

ここでは、ショッピングモールにおける顔認証技術のマーケティング用途を紹介します。

ショッピングモール内;

ショッピングモールの要所には何台ものデジタルモニターが設置されています。これらは広告や案内など複数の目的に使用されています。

アヨニックスのデジタルサイネージ(AYDIS)をインストールすることにより、これらをスマートスクリーンに変身させることができます。

なぜデジタルサイネージか

ショッピングモール内は、来場者の視野に入ってくるビジュアル情報に溢れています。この溢れるビジュアル情報を、何らかのフィルターを通して整理する必要があります。

来場者は忙しく気が散漫なため、広告すべてに目を通すことはしません。これは買い物客にとってもよいことではありません。

どこにデジタルサイネージを設置するか

まず、最も通行人数が多い場所、フードコートなど長い待ち行列ができる場所が設置に適しています。設置場所を決定する際には、いくつかの主要店舗が、視線をさえぎる障害物を排除できる契約条項がある場合があるので注意が必要です。

カメラを内蔵するスクリーンが設置されたら、来場者の興味を引き付け、便利で楽しいコンテンツを作成します。

適切な設置場所とコンテンツによってショッピングモール内のデジタルサイネージはwin-win状況を作り出します。店舗は寄り多くの入場者を迎えることができ、買い物客は好みの店を簡単に探すことができます。モールは、エンターテインメントや情報提供ソースを加えることができ、店舗は来場者のプロフィールを分析することができます。

次に、AYDISを起動し、買い物客の顔から(性別・年齢)プロフィールを把握することによって、スマート・デジタルサイネージを稼動させます。

そして、日次、週次、月次、年次の結果をエンジョイしてください。

AYDISを使わない AYDISを使う
固定コンテンツ コンテンツをダイナミックに変更
固定コンテンツ 人物ごとに異なる広告
来場者とのインタラクティブなし 人物プロフィールにインタラクティブ対応
売上げ寄与が限定的 売上げ向上

アヨニックス・デジタルサイネージ(AYDIS)は、デジタルサイネージをインテリジェントで状況に反応できるコンテンツシステムに変身させることができます。AYDISは、デジタルディスプレイ、来客の性別・年齢グループ化、その結果に基づくメッセージ、広告、ビデオなどを表示する技術要素で構成されます。さらに、スクリーンを見つめている時間を計数するAYDISの機能で、来場者の挙動分析も行えます。